2009年04月28日

花粉症になると歯周病のリスクが増大!?

今年は早い時期からスギ花粉が舞っとるようで、花粉症で悩まされとる人も多いのちやいますだっしゃろか? なんでも今年のスギ花粉飛散量は去年の2〜3倍だそうやす。

花粉症と一言でいっても、症状は人それぞれ微妙に異なりま。くしゃみや鼻水、鼻づまりなんぞのアレルギー性鼻炎、目んかいゆみ、涙なんぞのアレルギー性結膜炎といった症状は有名だすが、皮膚んかいゆみ(花粉皮膚炎)、喘息(花粉喘息)、頭痛、ぴーぴーなんぞの症状が出る方もいるそうやす。ほんでから、実はお口の中にも症状が出ることがあるのご存知だっしゃろか?

お口の病気の中でも代表的な歯周病とも関係があまんねん! 花粉症と歯周病に関係があるなんか知っていました?


花粉症と歯周病の関係

花粉症の主症状に、鼻水、鼻づまりがおま。これがお口の一番の敵だんねん!

鼻がつまると鼻呼吸がむずくなり、口で呼吸することがようけなりま。ほしたらお口の中の水分が蒸発しやすくなり、口が乾燥してきま。また、花粉症のアレルギー症状和らげるお薬の副作用には、分泌される唾液の量少んようにしてまうもん(口渇作用)がようけあるため、やっぱお口は乾燥しま。

お口が乾燥しとると、口腔内細菌が繁殖しやすい湿度になりま。ほしたらお口の中で何が起こるんかい? 歯の周りにプラーク(歯垢)が付きやすくなるねん。まいどとおんなしような歯磨きせやけどとらへんと、磨き残しがようけなってまい、その磨き残しがやがて歯石になりま。そうほしたらどないなるか……?

歯石やプラークによって歯肉が炎症起こし、歯周病になってまうねん!


歯周病と全身疾患
今や歯周病は、放っとくと命も脅かす恐ろしい病気ぃ発展する可能性もあることがわかっとりま。「お口の乾燥くらいべっちょない」思わんといてもらえま。長い時間お口の中が乾燥するこって、口内環境は確実に悪くなっていくねんから。
posted by 歯周病 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。