2009年05月08日

上手な歯医者さんのかかり方

歯科治療についてよう聞く話。

治療期間が長いからイヤ
通院回数が多いからイヤ
ゼニがかかるからイヤ
痛いからイヤ
音が怖いからイヤ

でも、よ〜く考えてみて? これって歯医者はんが悪いんかやえな?


わがでわがに痛みやゼニさしとりまへんか?

風邪ひいたら毎回必ず病院に行く……ちゅう人はどのくらええるだっしゃろか? 恐らくお家で安静にして、よう眠り、しっかり栄養摂って……病院に行かやんと風邪が治ることもありまっせね?

でも、むし歯ぁかかってまうと自然に治るこたおまへん。歯の組織が蝕まれとりますさかい、蝕まれた部分取り除いて綺麗なもんに詰め替えやな、お口からんようにならしまへんし、穴があいた部分が自然に塞がるちゅうこたおまへん。


みなはんは体の痛みに関しては敏感に反応して、具合が悪けったら病院に行って診てもらうことが多いだっせね?せやけど、「歯医者はんは痛いから行かいない」ちゅう理由でギリギリまで辛抱し「もう辛抱できない!」ちゅう状況になってから駆け込むことも多いはず。お口の中の痛みは痛いと感じたらすでに手遅れなねんよー。こうなってから治療に行くと治療の痛みが増し治療が終わるまで長い時間と治療費がかかるねん。


歯周病もおんなし。歯周病は歯の周囲の組織が歯周病菌の出す毒素によって破つぶされていく病気だす。歯周病の初期症状だある歯肉からの出血。歯ぐきから血ぃ出ても「別に痛くはないし他の症状はんかいら…」と放ってちょうてまう人がほとんど。ほんでから放ってちょうた結果、歯ぁ揺れて噛めんようになったり、膿が出てきたりしてやっと重い腰上げ、歯医者はんに来る人が多い。でもここまで来てもたら、治療には痛みが伴い、治療期間も長くなり、ゼニもたくはんかかるねん。


むし歯も歯周病も放っといたらちょうただけ悪化していきま。ほんでから悪化したらするほど、治療期間は長くなり、通院回数はようけなり、治療中の痛みも酷くなり、治療費だって高くなるちゅうことがおわかりいただけましたか?わがでわがに痛みや経費さしてしまっとりまへんか?



歯医者はんんかいかり時

では、いつどないなタイミングで歯科受診したらええのだっしゃろか?
ちょうでも「なんか調子悪いな?」とか「水がしみるな?」なんぞ感じたときに行ってみるのんがGOOD。むし歯も歯周病も初期のうちは自覚症状があんましないさかい、「ちょうでも変」思ったら受診してみるのんがオススメ。


また、自覚症状があんましない病気やからこそ、定期的に専門家にチェックしてもらうのんがええだっしゃろう。チェックだけでのうて、予防のための処置も一緒にしてもらうねん。予防のための処置で痛み伴うもんはおまへん。特に歯のクリーニング(PMTCとええまんねん)は、気持ちようって眠ってまう人もいるくらい。数ヶ月に1回程度(人によってむし歯や歯周病のリスクはちゃうさかい通院頻度は異なります)、定期的に通う必要はおまっけど、1週間おきになんべんもなんべんも通う……ちゅうこたおまへん。当然、費用もかかりまっけど、むし歯や歯周病になったらとどのつまり治療費がかかるねんさかい、おんなしゼニさしるなら、病気ぃならないためにゼニさした方がええ思わしまへんか?

歯医者はんんかいかり方少し変えるだけで、「痛くて」「時間がかかって」「ゼニがかかる」場所から「気持ちようて」「年に数回通うだけで」「お口の健康守れる」場所に大変身してまうねん!!
posted by 歯周病 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。