2009年06月22日

アミノ酸が歯ぐきにいいってホント?

歯ぁみがいた時に血ぃ出たり、風邪ひいた時に歯ぐきが腫れたりしたこと、おまへんか?もし思い当たるならば、歯周病疑ってみたほうがええかもしれません。歯ぁ失う最大の原因とされる歯周病。でけるなら、末永くわがの歯で食事していきたいだっせな。
そのためにも気ぃつけたいのんが、歯周病のケア。毎日の歯みがきが重要なこたよう知られとりまっけど、歯みがき選ぶこって予防効果高めることも可能だす。


歯周病にかかると、歯肉と歯の周囲に繰りかやし炎症(歯肉炎・歯周炎)が起きて、徐々に歯肉がやせて(減って)いきま。進行ほしたら、歯ぐきだけでなく歯そのんにも変化が起き、最後には歯ぁ抜けてまうことも。年取ってから歯ぁ失う一番の原因となるのんが、この歯周病だんねん。




歯周病にかかってまう原因として、以下が挙げられま。



1.歯垢や歯石
歯垢は歯の表面に付着した食べかすと増殖した細菌んかいたまりの事だす。歯垢の中の細菌が出す毒素が歯周組織に炎症起こして、歯周病になりま。
また、歯みがきで、取り切れなんだ歯垢に唾液中のカルシウムが沈着したのんが歯石だす。さらに歯石は歯垢の付着するもとにもなりま。


2.みがき残し
歯並びが悪いと歯みがきの時にみがきにくい部分ができま。また部分入れ歯や、歯ぁかぶせた金冠なんぞもみがき残しの原因となりま。このみがき残しは歯垢の原因となりま。


3.喫煙
喫煙は、歯肉の血行障害や歯周病の炎症強めて、歯周病加速しま。そのために喫煙者の歯肉の状態は非喫煙者より老化が進んでいま。


4.糖尿病
生活習慣病の糖尿病患者では、歯周病がおきやすくなりま。糖尿病に伴う免疫系の低下が関係しとるといわれとりま。



posted by 歯周病 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。