2010年03月05日

歯の健康は長生きのバロメータ?

毎日の歯磨き習慣がおろそかになると、じわじわと汚れが蓄積されて虫歯や歯周病に繋がりがち。たかが虫歯、歯周病と侮ってはあきまへん。口の中の健康守るこた、元気で長生きするために簡単にでける健康法の1つだんねん。


食材に気ぃ遣うのんに、歯ぁ気ぃ遣わないのはなんで!?

食材の質は気ぃするのんに、歯の汚れ気ぃせえへん人は意外と多いもん……。毎日の歯磨きはほんでべっちょない?
あんましにおけんたい過ぎて忘れがちだすが、毎日の食事で食べ物のサイズ細かくして胃ぃ送り込み、栄養として吸収しやすい状況助ける咀嚼(そしゃく)に、歯の働きは欠かせないもん。

グルメや健康志向の高まりで、近年では食事や食材に関する話題は、一層人々引きつけてま。でも体にええ食材吟味するように、歯ぁも気ぃ遣ってほしいもん。高齢になろうが入れ歯よりもわがの歯で食べた方がちょうしく感じるちゅう人は多いように、丈夫な歯ぁ毎日の快適な食生活助けてくれま。


食べるより恐ろしい口の中の虫歯菌
しっかし歯磨きせえへんと、歯の周囲にだねんん歯垢が付着してきま。この歯垢は細菌が集まってでけたもんちゅうこた、皆はんご存知の通り。あい食事ほしたら、食事と一緒に細菌もも飲み込んどおることになりま。でもこの点はご心配なく。一般的に胃の中に入り込ねん細菌は、胃酸によってほとんどが死滅してまうため、飲み込んでもても問題おまへん。

せやけど高齢になると注意が必要。食べ物あんじょう飲み込めず気管に入り込むことがおまっけど、こんときにいらん細菌が入ってまうこって、命にも関わる肺炎リスクが高くなると言われとりま。

さらにもっと厄介なことも……。実は歯周病なんぞの細菌は歯茎から血管に入り込み、全身巡ってまいま。そのため動脈硬化、心臓血管疾患、肥満、糖尿病、早産なんぞに影響与えとるのちやいますか、ちゅう研究結果が近年次々と発表されとるねん。口の中きれくするこた、虫歯予防に止まらず、全身の健康管理にも大切なこと、ちゅう考え方が広がっとりま。


老後のお財布にも響く!? 歯磨きは3文の得!
前歯ぁ保険が利かいない数万万円するセラミックにして「もっとしっかり歯磨きしといたら……」なんか後悔したこたおまへんか? いっぺん虫歯ぁなった歯ぁ、被せもんの経年劣化や磨きにくい部分作ってまうこって、再治療繰りかやさなこのも多いだす。たかが虫歯でも、何十年間も歯の治療繰りかやしとると治療金額も驚くほどおっきなもんになってまいま。しっかり歯磨きがでけるのなら、ちょう高価な歯ブラシでも将来の治療費十分ペイできそうでんな。

歯磨き地道に続けるコツは、ポジティブでもネガティブでもわがで歯磨きしたくなる動機見つけること。虫歯や歯周病に対する恐怖感わがで煽る人も多いようだすが、歯磨きタイム楽しみに変えてまうことも有効だす。どないな動機であれ、しっかり磨いた人にはいっちょまえのメリットがおま。オススメの歯磨きしたくなる動機の一例挙げてみまひょ。

歯磨きしたくなる電動歯ブラシに変えてみる
使用後のデンタルフロス見てみる
歯間ブラシの汚れの取れっぷりで驚く
歯磨き粉気分で変えて、磨く楽しみ作る
口臭気ぃしてみる
歯茎から出血ぃ焦る
口の中鏡でじっくり見てみる
あいは見えづらいさかいないさかい、気張って手入れしても人に評価されにくい口内環境。誉められやな歯磨きのモチベーションがあがらない……ちゅう人は、ときどき歯科医院で検診受けることオススメしま。磨きの努力はプロが見ったら一目瞭然! 歯ぁ一生もん。上手に先行投資してしっかりケアして、健康な生活支えてほしいでんな。
posted by 歯周病 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。