2010年04月21日

歯痛に潜む病気

歯痛に潜む病気とは?歯ぁ痛くなった際に、その痛みサインと捉えてその裏に潜む可能性のある病気ぃついて、主なもん紹介していきま。


虫歯ぁいでも歯ぁ痛くなることもある
・虫歯
歯ぁ痛くなる原因のいっちゃん多いのんが虫歯だす。水がしみる、噛むと痛むなんぞが、初期のうちは一時的でも、末期になると常にズキズキ痛むようになり、夜寝ることも大変になることもおま。

・歯周病
歯周病の末期になると歯ぁ支える周囲の骨がほとんど溶けて、歯周病菌が歯茎の奥にある歯の根の先っちょ部分部分に感染して、めっちゃ強い痛みとなることがおま。

・咬合性外傷
噛み合わせた際に発生する力は、歯の位置、角度、形態なんぞによって、力が分散されま。噛むときの力が、それらの歯の許容範囲超えてまうと、噛むことそのんが歯やその周辺の組織に外傷起こす原因となりま。

・歯根嚢胞
いわゆる歯の根の先に膿の袋がでけて、膿が溜まった状態だす。虫歯ぁ放置していた場合や、以前歯の神経とる治療行ったことがある歯で、根の内部が汚れとる場合なんぞ、神経がいでも噛むと痛むようになってきま。

・歯根破折
パッと見ぃぇ何ともいでも、噛ねんときだけ痛みがあったり、虫歯ぁないのんにひどくしみる場合なんぞ、歯ぁ割れてヒビが入っとることがおま。じきに判断でけることもおまっけど、神経や歯ぁ抜いてみるまでわからやないったこともおま。

・歯性上おとがい洞炎
上の奥歯ぁ、根の先っちょが鼻腔の一部とつながっとる上おとがい洞と呼ばれる空間に接しとることがおま。そのため上の奥歯ぁ原因となって、感染起こし膿が溜まり、蓄膿のような症状や、目の下の部分まで腫れが広がることがおま。

・おとがい骨骨髄炎
歯の炎症が、拡大して骨にまで炎症が起こることがおま。波打つような強いズキズキした痛みと腫れ、発熱が急速に進行しま。腫れの範囲も広がりやすく、3〜4本の歯ぁ一時的にぐらついたり、痛くなることもおま。

歯ぁ、骨から歯茎突き抜けて、外部に突き出しとる体の中でもめっちゃ珍しい器官だす。逆に言うと、歯ぁ細菌に感染したら、歯茎や骨にまだじきに炎症が広がることも考えいではあきまへん。体の内部に入り込んでもた炎症治療するよりも、外から見える歯だけ治療する方が、体の負担は少いですみま。

早期の虫歯治療が、その後の炎症拡大防ぐおっきな役割しとること、覚えとくとええだっしゃろう。

posted by 歯周病 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

歯周病末期

歯周病でいっちゃん進行した状態P3と呼びま。この状態は歯の周囲固定しとるはずのおとがいの骨が溶け、歯ぁ前後左右上下の全ての方向にぐらついとる状態だす。


歯周病の末期段階の歯
歯の根が完全に骨から見放された状態が歯周病の末期P3
歯周病の末期段階の特徴で、いっちゃん分かりやすいのは歯の動揺。P2は前後左右に動きまっけど、P3では歯ぁ抜ける方向にも2〜3mm動きま。要はぐらぐらでわがで引っ張ったら抜けるような感じがしま。


ブヨブヨした腫れと歯の周囲にたくはんのプラークが見はることも
さらに噛むたんびに歯ぁぐらつき、痛みが出ることも。歯の周囲が白いプラークで汚れ、腫れて歯茎押すと白い膿がどんどん出てくることもおま。



歯周病末期段階の治療
根の半分抜いて半分は残かすこともある
歯周病の進行度確認するにはまずレンイバラン撮影しま。レンイバランでは歯茎の中で歯の周囲のおとがいの骨がどの程度支えとるか確認しま。末期段階(P3)では、歯ぁおとがいの骨から完全に離れてしまっとるため、治療は抜歯ぁ基本となりま。

ただし奥歯ぁ関しては、骨の中で上の歯では3根、下の歯では2根の根に分かれとるため、P3が1根だけでったら、一つの歯ぁ根の部分で分離して、一部残すことが出来る場合もおま。


歯周病でおとがいの骨が溶けるわけ?
細菌まみれの歯から骨が避むずとる!?
歯周病の原因は、歯の周囲に付着した細菌だす。歯周病の初期段階では、この細菌が歯茎にのみ炎症起こし出血や白い膿が見はりま。末期になると歯の周囲の骨がほとんど溶けまっけど、これは骨に近付いてくる細菌に対して骨がわが溶かして逃げようとしとるねん。

P3では歯の根の部分がほとんど細菌に占拠され、実は歯そのんは既に細菌の固まり、体に不必要な有害な異物と判断された状態だす。そのために治療は抜歯。抜歯ぁ行ない細菌まみれの異物(歯)が排除されったら、骨はまた周囲の骨の高さまでぼちぼち戻ってきま。

良くあるのは、歯の周囲の骨が完全に溶けグラグラやのんに、抜歯せやんと放置するケースだす。これはなんや細菌まみれの異物骨に無理矢理押し付けとるようなもん。体にええわけおまへん。歯周病の末期に抜いた歯ぁ、どれもかいなり汚れていて2度と口に戻したくない思うもんあほりだす。
タグ:歯周病
posted by 歯周病 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

30歳過ぎると…歯の間に物が詰まりやすい?

若いころはそれほど気ぃならなんだが、以前より歯ぁ物が詰まりやすくなったなんか人わしまへんか? 30歳過ぎたら、いっぺんチェックしたほうがええかも知れません。今回は歯ぁ物が詰まることについてガイドが解説しま。


歯ぁ物が詰まるわけ

いっちゃん多い原因は、歯の間に隙間が出来てまうこと
原因としていっちゃん多いのは、歯と歯の隙間が緩んでまうこっちゃゃす。こうなってまうと肉片なんぞの繊維質なんぞがよう挟まるようになりま。

さらに歯の形態的にも、歯と歯ぁ接触しとる場所の横幅がおっきく、歯茎の根元の部分は狭いため、物が歯と歯の間に詰まると取れにくい構造になっとるねん。



どないして歯ぁ緩むのん?
30歳以上になると、次のような変化が口の中に起こり歯ぁ物が詰まりやすくなることがおま。


歯の移動
咬み合わせの力なんぞによって、歯ぁ移動して歯と歯の間の隙間が拡がりやすく、緩むため物が詰まりやすくなることがおま。


歯茎が下がる
歯周病なんぞが原因で、以前より歯茎が下がった場所があると、歯と歯の境目ぇ封鎖していた歯茎なんぞがんようになり、隙間が広くなるため、物が詰まりやすくなることがおま。


歯の磨耗
歯ぎしりなんぞがあると、歯の咬み合わせ面にギザギザした凸凹が作られやすく、凹の部分が歯と歯の間にあると咬み合わかすたんびに、押し込まれ詰まりやすくなることがおま。


虫歯の治療跡
虫歯ぁ治療した際に詰め物や、被せ物なんぞの形態によっては、歯の間に物が挟まりやすくなりま。

posted by 歯周病 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

歯の健康は長生きのバロメータ?

毎日の歯磨き習慣がおろそかになると、じわじわと汚れが蓄積されて虫歯や歯周病に繋がりがち。たかが虫歯、歯周病と侮ってはあきまへん。口の中の健康守るこた、元気で長生きするために簡単にでける健康法の1つだんねん。


食材に気ぃ遣うのんに、歯ぁ気ぃ遣わないのはなんで!?

食材の質は気ぃするのんに、歯の汚れ気ぃせえへん人は意外と多いもん……。毎日の歯磨きはほんでべっちょない?
あんましにおけんたい過ぎて忘れがちだすが、毎日の食事で食べ物のサイズ細かくして胃ぃ送り込み、栄養として吸収しやすい状況助ける咀嚼(そしゃく)に、歯の働きは欠かせないもん。

グルメや健康志向の高まりで、近年では食事や食材に関する話題は、一層人々引きつけてま。でも体にええ食材吟味するように、歯ぁも気ぃ遣ってほしいもん。高齢になろうが入れ歯よりもわがの歯で食べた方がちょうしく感じるちゅう人は多いように、丈夫な歯ぁ毎日の快適な食生活助けてくれま。


食べるより恐ろしい口の中の虫歯菌
しっかし歯磨きせえへんと、歯の周囲にだねんん歯垢が付着してきま。この歯垢は細菌が集まってでけたもんちゅうこた、皆はんご存知の通り。あい食事ほしたら、食事と一緒に細菌もも飲み込んどおることになりま。でもこの点はご心配なく。一般的に胃の中に入り込ねん細菌は、胃酸によってほとんどが死滅してまうため、飲み込んでもても問題おまへん。

せやけど高齢になると注意が必要。食べ物あんじょう飲み込めず気管に入り込むことがおまっけど、こんときにいらん細菌が入ってまうこって、命にも関わる肺炎リスクが高くなると言われとりま。

さらにもっと厄介なことも……。実は歯周病なんぞの細菌は歯茎から血管に入り込み、全身巡ってまいま。そのため動脈硬化、心臓血管疾患、肥満、糖尿病、早産なんぞに影響与えとるのちやいますか、ちゅう研究結果が近年次々と発表されとるねん。口の中きれくするこた、虫歯予防に止まらず、全身の健康管理にも大切なこと、ちゅう考え方が広がっとりま。


老後のお財布にも響く!? 歯磨きは3文の得!
前歯ぁ保険が利かいない数万万円するセラミックにして「もっとしっかり歯磨きしといたら……」なんか後悔したこたおまへんか? いっぺん虫歯ぁなった歯ぁ、被せもんの経年劣化や磨きにくい部分作ってまうこって、再治療繰りかやさなこのも多いだす。たかが虫歯でも、何十年間も歯の治療繰りかやしとると治療金額も驚くほどおっきなもんになってまいま。しっかり歯磨きがでけるのなら、ちょう高価な歯ブラシでも将来の治療費十分ペイできそうでんな。

歯磨き地道に続けるコツは、ポジティブでもネガティブでもわがで歯磨きしたくなる動機見つけること。虫歯や歯周病に対する恐怖感わがで煽る人も多いようだすが、歯磨きタイム楽しみに変えてまうことも有効だす。どないな動機であれ、しっかり磨いた人にはいっちょまえのメリットがおま。オススメの歯磨きしたくなる動機の一例挙げてみまひょ。

歯磨きしたくなる電動歯ブラシに変えてみる
使用後のデンタルフロス見てみる
歯間ブラシの汚れの取れっぷりで驚く
歯磨き粉気分で変えて、磨く楽しみ作る
口臭気ぃしてみる
歯茎から出血ぃ焦る
口の中鏡でじっくり見てみる
あいは見えづらいさかいないさかい、気張って手入れしても人に評価されにくい口内環境。誉められやな歯磨きのモチベーションがあがらない……ちゅう人は、ときどき歯科医院で検診受けることオススメしま。磨きの努力はプロが見ったら一目瞭然! 歯ぁ一生もん。上手に先行投資してしっかりケアして、健康な生活支えてほしいでんな。
posted by 歯周病 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

インプラントの使い回しは可能?

使用済みインプラント、別人に使い回しの疑い
愛知県の豊橋市歯科医師会は19日、厚生労働省内で記者会見し、同市内の歯科医院がインプラント(人工歯根)治療で、いっぺん使用した後に抜けるなんぞして回収したインプラント、別人に再使用しとる疑いがあると発表した。(読売新聞)


実は盲点やった使用済みインプラント

インプラントはチタン製が一般的
これまでの一般的な歯の治療では、他人の口の中にいっぺんセットしたもんは次のような理由で再利用するこたでかしまへんでしてん。

■入れ歯
歯茎の形態は千差万別、他人の入れ歯なんぞ合いやけがおまへん。

■被せもん
形は似ていても、被かす土台の形は一つとしておんなしもんはのうて、また歯と歯の隙間や歯のおっきさ、噛み合わせなんぞその人にあったオーダーメードのため、再利用でかしまへん。

■インレー(はめ込みもん)
既製品のようなもんは存在さしまへん。それぞれの歯ぁへつった部分合うように一つ一つ型取り、ぴったり合わせて作るこれもオーダーメードだす。

■樹脂の詰め物
埋め込む前は粘土状でも、固めてまうとカチカチになるため、へつり取るしか取り出すことがでかしまへん。そのため再利用でかしまへん。

一般的な歯の治療では口の中に装着するもんといったらほとんどがオーダーメード中心で、既製品というたら、僅かに歯の根に土台作る際に使用する「ポスト」と呼ばれるネジのような心棒があるだけだす。でもこれは外れても詰める際に使用した樹脂と一体となっとることがようけ、コスト的に安価なため、使い回すこた現実的とちがわしまへん。

今回疑惑となったインプラントは、メーカは多いもんのようけが純チタン切削加工なんぞして作った既製の規格品。今回の使用済みインプラントちゅうのは、何らかの原因でインプラントが骨と結合することができんようになってまい抜けたり、抜いたりした根の部分に使われたインプラントのこっちゃゃ思いま。この場合比較的きれく抜けることがおま。

もしメーカーがおんなしで、長さや太さなんぞの規格が同一でったら、植え込む手術する際に使用する器具もそのまんま使用でけるため、さまざまな問題無視したら、再利用ちゅう道があっらぁゅうこっちゃゃす。

インプラント本体だけはオーダーメードではなんだ。これこそが盲点やったねん。但し規格といえども種類はあるため、次から次へと使い回してゆくこた、かいなりの手術数が無けったらむずいと考えられま。


インプラント再利用の問題点は?
再利用の一番の問題は感染リスクだす。金属でったら腐食でもしとらへん限り、パッと見ぃぇおんなしように見えまっけど、スカしたインプラントちゅうのは、歯周病なんぞの細菌にまみれた状態だす。菌殺す高圧蒸気ぃよる滅菌行なうたら、理論的には無菌状態になると考えられまっけど、金属表面の表面形状が腐食により劣化していたり、組織の一部が残っとるようでったら、十分滅菌が行なわれないなんぞの可能性が高まりま。

仮に完全に無菌やったとしても、高額な支払いしたのんに製造メーカーも禁止しとる他人にいっぺん埋め込まれたもんの再利用は、倫理的問題が残るだっしゃろう。

インプラント使い回しの疑惑が起こったのは、多分これが日本で最初の事例ちやいますだっしゃろか? ただこのケースは大変特殊なケースだす。歯科医の中ではたださえインプラントは感染対策に十分注意が必要やさかい再利用なんか「あり得ない」「考えもしなんだ」ちゅう声しか聞こえてかしまへん。

今後はインプラント手術の前に、そのインプラントがさらだあること確認することが一般的になっていくかもしれません。
posted by 歯周病 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

虫歯の基礎知識

意外と知らない!? 虫歯のウソ・ホント
ようけの人が悩まされる「虫歯」。突然の歯痛から歯医者はんでの治療まで、憂うつな経験がある人がほとんどだ思いま。でもなんで虫歯ぁなるんかい、どないな治療されるんかい? 理解しとる人は、えっらい少ないようだす。

なんで虫歯ぁなるんかい? どないな方法で治療されとるんかい知ったら、歯医者はんに通うあんよ取りも軽くなるかもしれません。あもろん、歯ぁ痛くなる前の予防が第一! わがででける虫歯予防法まで、わかりやすくご説明しまひょ。

虫歯ぁついてのポイント以下の5つに分けましたさかい、しっかり理解して、あんさんの大切な歯ぁ守ってもらわれしまへんやろか

虫歯の基礎知識 5か条

虫歯の原因・メカニズム>>
なんで虫歯ぁなるのん? これであんさんも虫歯博士!?
虫歯の進行度 >>
C1・C2って何? 進行度の見方と主な治療法
治療法 >>
保険vs自費、無痛麻酔なんぞ、なかいなか聞けない治療法のあれこれ
応急処置 >>
突然の歯痛!被せ物が外れた! どないしたらええ?
予防法 >>
正しい歯の磨き方とケア方法チェック!
虫歯ぁ乳歯では意外にも40%程度の人しか罹った経験あらへんのんにもかかわらず、永久歯では、なんと日本人の85%以上の人が治療なんぞの経験があるといわれとりま。現在「8020運動」ちゅうもんがおまっけど、80歳になろうがわがの歯ぁ20本以上残っとる人は24%程度しかわしまへん。

ようけの人がわがの歯ぁ失う原因は、虫歯と歯周病。逆に、この2つ理解するこって、歯ぁ失うリスク最小限に押さえることが可能となるねん。そのためにも、歯の健康に役立つポイントしっかり押さえときまひょ。

posted by 歯周病 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

歯周病の原因・メカニズム

歯周病の原因とメカニズム
歯周病は決して年齢からくる老化現象とちがわしまへん。虫歯とは気持ち種類の異なる細菌が引き起こす一種の感染症と考えられま。ほな、どないして歯周病が起こるんかい? 実は単純な原因やったねん


健康な歯茎の状態…歯と歯茎の境目ぇ綺麗で歯茎の色はピンク色

歯と歯茎の境目ぇよう観察してみまひょ。歯の表面に細菌がピッタリと張り付いた、プラークバイオフィルムあらへん状態が正常の歯茎の状態だす。歯茎の色はピンクで炎症なんぞは起こっとりまへん。




歯周病の歯茎の状態…歯と歯茎の境目ぇ汚れや細菌が付着、歯周ポッポととなり炎症状態となる

それに対して、歯と歯茎の境目ぇ歯周病菌が粘着性持ってしっかりと張り付いてまう(プラークバイオフィルム)と、歯茎は腫れ(歯周ポッポ)、赤み帯びた炎症状態となりま。そのため口臭が増加したり、更に歯茎押さえると膿が出る状態となりま。



歯周病のメカニズム
虫歯ぁ、虫歯菌が出す酸で歯ぁ溶かし、歯ぁ穴ひらけま。それに対して歯周病は、種類の異なる細菌が出す毒素が歯茎から体内に侵入していきま。


細菌が歯の周囲に付着する
歯周病の原因は、歯の表面に付着する細菌だす。細菌がな歯周病は起こらしまへん。


細菌の出す毒素が歯茎から入り込む
細菌自体も歯茎の炎症部分から進入して、体内の血管めぐり全身にめぐっていくようになりま。


歯茎から出血や膿が出る
歯茎が炎症状態となると出血や膿が見はるようになりま。また体の抵抗力が低下した時なんぞ、腫れるなんぞ繰りかやすようになりま。


歯の周囲の骨が溶ける
ひどい痛みや腫れなんぞの自覚し症状あらへん炎症でも、歯の周囲の骨が自らの細菌感染防ごうとして、骨溶かし歯ぁぐらつくようになりま。

こんだけみったら、「歯磨きだけしっかりしといたらええ…」となってまいまっけど、実はそないな単純なもんではのうて、更にこれから説明する、歯の1本1本に対して、歯周病悪化させやすい要素考えなならしまへん。

■歯周病悪化させやすい3大要素
歯磨き以外で注意しなならない要素は、主に次のようなもんがおま。

咬み合わせ
咬み合わせは、歯ぁ加わる力のバランス変化させま。歯の許容範囲以上の力は、歯周病悪化させやすくなりま。


歯ぎしり
就寝中の歯ぎしりは、歯ぁより高い、力のストレス加えま。寝とる間に歯ぁペンチで挟んで揺すれるようなもんで、歯と歯茎の境目ぇ緩んで歯周病の進行させやすくなりま。


歯並び
歯並びが悪い場合、おんなしように歯磨きしても、磨き残しが生まれることがようけ、歯周病リスクが高まりま。


例うたら毎日おんなしように歯磨きしていても、歯周病が進行してもた歯のじき隣は、健康な歯ぁなっとる……。そないな状態があるとしま。おんなしように磨いとるはずやのんに、歯周病になるならやないった、歯磨きだけでは語れない状態は、歯周病悪化させやすい要素が異なっとるどんがらんねん。
posted by 歯周病 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

以外に知らない!? 口の中の病気

皆はんは、口の中にでける病気ぃ、虫歯と歯周病以外になんぼぐらいご存知だっか? 頻度の高いこれらの2つの病気以外は以外に知られておらへんようだす。

口の中の病気ぃは、歯や骨なんぞの硬組織と呼ばれる部分にでける病気と、粘膜や舌、唇なんぞの軟組織なんぞにでける病気ぃ分かれま。歯ぁ痛い思ったら、実は歯茎や粘膜が原因やったなんかこともよう起こりま。



歯・口の病気

ほな、口の中に起こる主な病気ぃまとめてみました。

虫歯
ようけの人が、いっぺんぐらいは経験があるのんが虫歯だす。せやけど虫歯ぁなる、ならないは、運で決まる訳とちがわしまへん。どっちゃゃかちゅうと理論的ケースが多いため、知識がったら予防に有利に働きま。また虫歯の進行なんぞ理解するだけで、どの程度の治療が必要かも理解でけるようになりま。

歯周病
人のほぼ80%の人が歯周病に冒されとるちゅうデーターもおま。歯磨きは歯周病予防にはいはいっちゃん効果的だすが、そんだけでは歯周病予防するこたむずいもねん。歯磨き以外のリスクや治療法なんぞ理解ほしたら、そんだけ歯周病のの知識が高まり、予防にも役立つようになりま。

口内炎
口内炎は、虫歯ほど頻度は高くおまへんが、なりやすい人と、なりにくい人に分かれることがおま。原因は不明のことがようけ、歯以外の舌や粘膜なんぞに好発しま。歯ぁ触れたり、食事の際に際に痛み伴ったり、ちょうした刺激が痛みにつながるのんが特徴だす。

智歯周囲炎
いわゆる「親知らず」の腫れた状態のこっちゃゃす。歯並びのいっちゃん奥の部分が、違和感とともに腫れ、出血や膿が出ることもおま。20代から始まり歯のある限り繰りかやされるケースでは、抜歯ぁ必要となり、いっぺん抜いてまうたら、その後の再発はおまへん。

歯根嚢胞(しこんのうほう)
本来でったら、骨に覆われとるはずの、歯の根の先っちょ部分に袋状の空間が出来その場所に膿なんぞが溜まっとる状態だす。一般には歯の内部の神経がある部分の空間の感染が原因で起こりま。こまいうちは、根の治療、おっきくなると抜歯ぁなることもおま。

おとがい関節症
耳の後方にあるおとがいの関節の動きがスムーズに動かいないために、おとがいが開かいんようになったり、痛くなったりする病気だす。安定せえへん咬み合わせが原因やったり、関節やその周辺の形の変形が原因のこともおま。

知覚過敏
虫歯もないのんに歯と歯茎の境目ぇ中心に、冷やこい水なんぞがしみる状態だす。歯の根元付近は、内部の象牙質が露出しやすく、歯の神経が敏感に反応しやすいポイントだす。知覚過敏の症状が現れたときは、いっぺん病院で虫歯や歯周病あらへんか確認することオススメしま。

歯髄炎
虫歯や歯周病が原因で、歯の内部にある「歯髄」と呼ばれる神経含む組織が細菌感染し、炎症起こすため歯ぁ痛くなる状態だす。感染起こした歯髄は、痛み止めるために、神経抜く治療行うのんが一般的だす。

歯の破折
固いもん食べたり、歯ぁすり減って尖った部分が残ったりして、折れたりさしたりすることがおま。被せもんは、土台ぐち抜けてまうこともおま。根の部分が真っ二つに割れてまうと、抜歯となるのんが普通だす。

悪性腫瘍
口の中に発生するがんのうちで比較的発生率が高いといわれとるのんが、舌癌だす。舌癌は舌のっかわ面から裏っかわさしての部分にできやすいと言われま。その他にも歯肉やおとがいの骨、頬の内っかわ粘膜なんぞも発生することがおま。喫煙は、口腔がんのリスク高めると考えられとりま。
posted by 歯周病 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

歯周病の原因とメカニズム

歯周病は決して年齢からくる老化現象とちがわしまへん。虫歯とは気持ち種類の異なる細菌が引き起こす一種の感染症と考えられま。ほな、どないして歯周病が起こるんかい? 実は単純な原因やったねん


健康な歯茎の状態…歯と歯茎の境目ぇ綺麗で歯茎の色はピンク色

歯と歯茎の境目ぇよう観察してみまひょ。歯の表面に細菌がピッタリと張り付いた、プラークバイオフィルムあらへん状態が正常の歯茎の状態だす。歯茎の色はピンクで炎症なんぞは起こっとりまへん。




歯周病の歯茎の状態…歯と歯茎の境目ぇ汚れや細菌が付着、歯周ポッポととなり炎症状態となる

それに対して、歯と歯茎の境目ぇ歯周病菌が粘着性持ってしっかりと張り付いてまう(プラークバイオフィルム)と、歯茎は腫れ(歯周ポッポ)、赤み帯びた炎症状態となりま。そのため口臭が増加したり、更に歯茎押さえると膿が出る状態となりま。



歯周病のメカニズム
虫歯ぁ、虫歯菌が出す酸で歯ぁ溶かし、歯ぁ穴ひらけま。それに対して歯周病は、種類の異なる細菌が出す毒素が歯茎から体内に侵入していきま。


細菌が歯の周囲に付着する
歯周病の原因は、歯の表面に付着する細菌だす。細菌がな歯周病は起こらしまへん。


細菌の出す毒素が歯茎から入り込む
細菌自体も歯茎の炎症部分から進入して、体内の血管めぐり全身にめぐっていくようになりま。


歯茎から出血や膿が出る
歯茎が炎症状態となると出血や膿が見はるようになりま。また体の抵抗力が低下した時なんぞ、腫れるなんぞ繰りかやすようになりま。


歯の周囲の骨が溶ける
ひどい痛みや腫れなんぞの自覚し症状あらへん炎症でも、歯の周囲の骨が自らの細菌感染防ごうとして、骨溶かし歯ぁぐらつくようになりま。

こんだけみったら、「歯磨きだけしっかりしといたらええ…」となってまいまっけど、実はそないな単純なもんではのうて、更にこれから説明する、歯の1本1本に対して、歯周病悪化させやすい要素考えなならしまへん。

■歯周病悪化させやすい3大要素
歯磨き以外で注意しなならない要素は、主に次のようなもんがおま。

咬み合わせ
咬み合わせは、歯ぁ加わる力のバランス変化させま。歯の許容範囲以上の力は、歯周病悪化させやすくなりま。


歯ぎしり
就寝中の歯ぎしりは、歯ぁより高い、力のストレス加えま。寝とる間に歯ぁペンチで挟んで揺すれるようなもんで、歯と歯茎の境目ぇ緩んで歯周病の進行させやすくなりま。


歯並び
歯並びが悪い場合、おんなしように歯磨きしても、磨き残しが生まれることがようけ、歯周病リスクが高まりま。


例うたら毎日おんなしように歯磨きしていても、歯周病が進行してもた歯のじき隣は、健康な歯ぁなっとる……。そないな状態があるとしま。おんなしように磨いとるはずやのんに、歯周病になるならやないった、歯磨きだけでは語れない状態は、歯周病悪化させやすい要素が異なっとるどんがらんねん。

posted by 歯周病 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

歯周病の基礎知識

みなはんは、成人の約80%が歯周病患っとると言われとるのご存知だっか? ちゅうこた、毎日歯ぁ磨いていても、いつの間にか歯周病になってまう可能性が、めっちゃ高いちゅうこっちゃゃんねん。 

どないして歯周病になってまうんかい? その予防にはどないなことが役立つんかい? ここではわがの歯ぁ歯周病から守るために、役立つ情報わかりやすく説明しま。 

歯周病についてのポイント以下の4つに分けましたさかい、しっかり理解して、一生わがの歯で噛めるように大切な歯ぁ守ってもらわれしまへんやろか

歯周病の基礎知識 4か条

 1.  歯周病の症状・歯茎の出血・歯ぁ揺れる >>
    どないな症状が歯周病になると現れてくる?

 2.  歯周病の症状と進行度 >>
   目では確認できない歯周病の進行度について……

 3.  歯周病の治療法>>
   治療したら改善する可能性UP!

 4.  歯周病の予防法 >>
   歯磨き以外にも注意が必要かも?


歯周病とは、以前は「歯槽膿漏」と呼ばれていました。歯の根元の周囲に付着した、細菌が原因となって歯茎が腫れることから始まり、歯の根の奥に進行するにしたがって、歯ぁ支えとるおとがいの骨が溶けてまうことさかい、歯ぁぐらぐらするようになる病気だす。20代から始まり、ぼちぼち進行することが多いため、特に50歳過ぎたころさかい、歯ぁぐらぐらになって、、歯周病で抜歯ぁなる歯も増加する傾向となりま。

現在ではその原因やメカニズムも解明されて、治療法や予防法なんぞが確立されるようになってきました。せやけど歯周病は、虫歯ぁ比べて進行しても痛みが出にくいことがようけ、発見が遅れがちで、気づいた時には手遅れになることもおま。そないにならないためにも歯周病に対して、しっかりと理解しときまひょ。
posted by 歯周病 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

歯周病の基礎知識

みなはんは、成人の約80%が歯周病患っとると言われとるのご存知だっか? ちゅうこた、毎日歯ぁ磨いていても、いつの間にか歯周病になってまう可能性が、めっちゃ高いちゅうこっちゃゃんねん。 

どないして歯周病になってまうんかい? その予防にはどないなことが役立つんかい? ここではわがの歯ぁ歯周病から守るために、役立つ情報わかりやすく説明しま。 

歯周病についてのポイント以下の4つに分けましたさかい、しっかり理解して、一生わがの歯で噛めるように大切な歯ぁ守ってもらわれしまへんやろか

歯周病の基礎知識 4か条

 1.  歯周病の症状・歯茎の出血・歯ぁ揺れる >>
    どないな症状が歯周病になると現れてくる?

 2.  歯周病の症状と進行度 >>
   目では確認できない歯周病の進行度について……

 3.  歯周病の治療法>>
   治療したら改善する可能性UP!

 4.  歯周病の予防法 >>
   歯磨き以外にも注意が必要かも?


歯周病とは、以前は「歯槽膿漏」と呼ばれていました。歯の根元の周囲に付着した、細菌が原因となって歯茎が腫れることから始まり、歯の根の奥に進行するにしたがって、歯ぁ支えとるおとがいの骨が溶けてまうことさかい、歯ぁぐらぐらするようになる病気だす。20代から始まり、ぼちぼち進行することが多いため、特に50歳過ぎたころさかい、歯ぁぐらぐらになって、、歯周病で抜歯ぁなる歯も増加する傾向となりま。

現在ではその原因やメカニズムも解明されて、治療法や予防法なんぞが確立されるようになってきました。せやけど歯周病は、虫歯ぁ比べて進行しても痛みが出にくいことがようけ、発見が遅れがちで、気づいた時には手遅れになることもおま。そないにならないためにも歯周病に対して、しっかりと理解しときまひょ。
posted by 歯周病 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

アミノ酸が歯ぐきにいいってホント?

歯ぁみがいた時に血ぃ出たり、風邪ひいた時に歯ぐきが腫れたりしたこと、おまへんか?もし思い当たるならば、歯周病疑ってみたほうがええかもしれません。歯ぁ失う最大の原因とされる歯周病。でけるなら、末永くわがの歯で食事していきたいだっせな。
そのためにも気ぃつけたいのんが、歯周病のケア。毎日の歯みがきが重要なこたよう知られとりまっけど、歯みがき選ぶこって予防効果高めることも可能だす。


歯周病にかかると、歯肉と歯の周囲に繰りかやし炎症(歯肉炎・歯周炎)が起きて、徐々に歯肉がやせて(減って)いきま。進行ほしたら、歯ぐきだけでなく歯そのんにも変化が起き、最後には歯ぁ抜けてまうことも。年取ってから歯ぁ失う一番の原因となるのんが、この歯周病だんねん。




歯周病にかかってまう原因として、以下が挙げられま。



1.歯垢や歯石
歯垢は歯の表面に付着した食べかすと増殖した細菌んかいたまりの事だす。歯垢の中の細菌が出す毒素が歯周組織に炎症起こして、歯周病になりま。
また、歯みがきで、取り切れなんだ歯垢に唾液中のカルシウムが沈着したのんが歯石だす。さらに歯石は歯垢の付着するもとにもなりま。


2.みがき残し
歯並びが悪いと歯みがきの時にみがきにくい部分ができま。また部分入れ歯や、歯ぁかぶせた金冠なんぞもみがき残しの原因となりま。このみがき残しは歯垢の原因となりま。


3.喫煙
喫煙は、歯肉の血行障害や歯周病の炎症強めて、歯周病加速しま。そのために喫煙者の歯肉の状態は非喫煙者より老化が進んでいま。


4.糖尿病
生活習慣病の糖尿病患者では、歯周病がおきやすくなりま。糖尿病に伴う免疫系の低下が関係しとるといわれとりま。



posted by 歯周病 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

歯周病?年齢別「歯茎の出血」対処法!

食事や歯磨きの際、歯茎から血ぃ出たりすることがおまへんか? 原因としていっちゃん多いのは、歯周病(歯槽膿漏)だすが、それ以外にも、なんぼか原因が考えられま。今回は歯茎からの出血ぃついてガイドが解説しま。


歯茎からの出血ぃ炎症の証拠

出血しやすい歯茎は腫れとることが多い
歯茎は、毛細血管なんぞが多いため、皮膚なんぞに比べてデリケートな場所だす。せやけど毎日歯磨きで長期間にわたかて出血ぃ繰りかやす場合は、炎症が起きとると考えられ「少しぐらい出血するのんが正常」ちゅいやけとちがわしまへん。歯磨きなんぞでは、出血せえへんのんが本来の歯茎だす。



歯茎からの出血の原因
歯茎の出血ぃ起こる可能性があるのは、次のようなもんがおま。

歯周病(歯槽膿漏)
歯茎からの出血で、いっちゃん多いのんが、歯周病菌が原因の、歯茎の炎症だす。歯と歯茎の境目の溝の内部にある汚れや、歯石なんぞ完全に除去できったら、炎症が収まり、出血しんようになりま。


歯と歯の間の詰まり
歯と歯の間に物が挟まりやすいのは、繊維質だす。次から次へと挟まるために、歯茎圧迫していきま。歯周病菌の温床となりやすいさかい、出血ぃ起こりやすくなりま。


不適切なブラッシング
ブラッシングの際、硬い歯ブラシ使用して、力任せにおっきなストロークで擦ると歯茎に傷つけてまいま。この場合の出血ぃ僅かに血ぃ滲む程度だす。出血せえへん時もおま。


歯肉癌
きわめて稀にだすが、「歯肉癌」が原因となってなかいなか改善せえへん出血ぃ続くことがおま。歯以外のすべての組織に影響及ぼすため、進行ほしたら歯ぁ完全にぐらぐらになったり、唇や舌、おとがいなんぞの感覚が無くなったりすることがおま。


全身疾患の影響
血管に異常がある場合や、血液の病気ぃ伴う場合、特に白血病なんぞの初期の段階では、ようけの場合、歯肉の出血ぃ現れることがおま。

posted by 歯周病 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

心筋梗塞、狭心症…歯周病が命を狙う!

健康診断では、見落とされがちな、歯周病。たとえ検診で歯周病と診断されても、年齢やから仕方あらへんとか、見て見ぬふりしたりしとりまへんか? 今回は歯周病が及ぼす全身への影響についてガイドが解説しま。


歯周病がなんで全身に影響する?

歯茎で見えない根に付着した歯周病菌が体全体へと流れていく
今までは、歯周病は口の中だけの問題と考えられていました。せやけど最近ではその影響は全身のいたるとこに及ぶといわれるようになっとりま。

そもそも歯周病は、歯周病菌が歯と歯茎の境目ぇ集まることからはじまりま。ほんでから歯周病菌が出す毒素によって歯茎が炎症起こしま。歯茎は毛細血管が豊富にあるため、炎症が起こると出血しやすくなるねん。

歯周病菌は、その毛細血管なんぞから血管に入り込み、体全体へと巡っていくねん。血管以外でも歯周病菌が唾液なんぞに溶け込むなんぞして、唾液飲み込むことによって、歯周病菌が気管や肺、食道に流れ込むことが考えられま。


歯周病菌がリスク高める疾患とは?
歯周病の影響がリスクとなって、影響与える可能性がある疾患は、主に次のようなもんがおま。


狭心症、心筋梗塞
血液中の歯周病菌が、その毒素や炎症反応の影響で、心臓の冠動脈なんぞが血栓によって詰まる原因となることがおま。歯周病が進行しとると、これらの心疾患になる確立が約3.6倍も高まりま。


感染性心内膜炎
すでに心臓に病気ぃある場合なんぞは、血液に入り込ねん歯周病菌が、人工弁や心内膜なんぞに歯周病菌が付着して増殖、感染性心内膜炎になることがおま。


糖尿病の悪化
血管に歯周病菌が入り込むと炎症反応が起こり、インスリンの活動に障害起こしま。その結果血糖値のコントロールが悪くなり、今度は口の中の歯周病菌が繁殖、ますます歯周病が悪化する悪い循環に陥ることがおま。


早産
妊娠中に歯周病菌が血管内に入り込むと、炎症反応により、子宮筋収縮させたり、胎児の成長に影響与えて低体重出産になりやすくなりま。歯周病が進行しとる場合には、そうでない場合の約7〜8倍リスクが高まると言われとりま。


肺炎
要介護の高齢者なんぞは、謝って唾液気管に入れてまうことが少なくおまへん。歯周病菌なんぞがようけ唾液中に含まれとると、誤嚥性肺炎起こすことがおま。これは寝たきりの状態の長期化につながりま。


がん
最近では、歯周病によりがんのリスクが高まる可能性があるとの研究結果も報告されとりま。

以前は歯周病菌が全身に影響与えるなんぞ考えられませんでしてん。せやけど血管内に歯周病菌が入り込むこと考えると、今後もさまざまな病気ぃ影響与えることが、明らかになってくる可能性がおま。
posted by 歯周病 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

歯周病も煙草病です!喫煙は歯無し家への近道!

歯周病に悩まされとる方は多い思いまっけど、実は歯周病も煙草病の一つだんねん。喫煙は歯周病進行させて、歯肉の老化加速し、歯ぁ失う原因となりま。
▼代表的な煙草病
・COPD
・バージャー病

ほなまず、歯周病ちゅう病気ぃどないな病気かご説明しま。

歯周病とは

歯周病は、成人では歯槽膿漏(しそうのうろう)とも呼ばれとりま。歯ぁ下おとがい骨(上おとがい骨)に止めとるのんが歯肉(歯茎:ハグキ)だす。歯周病ではこの歯肉と歯の周囲に繰りかやしの炎症(歯肉炎・歯周炎)が起きて、徐々に歯肉が痩せて(減って)いきま。

また、骨にも変化が起きま。最後には歯ぁ抜けてまいま。年取って、歯ぁ失う原因の一番がこの歯周病だす。歯周病の予防には歯磨きによる歯石の付着の予防が大切だす。また歯科での定期的な歯石除去も有効な予防方法だす。

次に煙草と歯周病との関係に迫りま。

喫煙は歯肉の老化促進します!

喫煙者は歯周病により罹かりやすい事が明らかになっとりま。喫煙は歯肉の老化促進し、歯周病進ませま。その主な理由は以下の通りだす。


=喫煙により歯周病が進む理由=1.煙草のタール成分の付着が歯周病の原因となる歯垢、歯石付きやすくする。
2.煙草のニコチンが歯肉の血管収縮させて、血流障害起こす。
3.喫煙者は白血球数がようけ、煙草の各種成分が白血球刺激して局所の炎症強くする。
4.喫煙による活性酸素除去するためにビタミンCが消費されて、歯肉にある線維芽細胞のコラーゲン合成があんじょう行かいない。



誰でも年取ると歯肉が痩せていきま。歯周病が原因で抜ける歯の本数は年齢と比例関係におま。せやけど、喫煙者せえへん人の歯肉の老化と較べて、喫煙者の歯肉の老化は10〜20年進んでいます 。


喫煙者は実年令が40歳でも、歯肉年令は60歳ちゅう事になってまうねん!よって、喫煙者はわがの歯ぁ失う可能性が高い事になりま。

また、喫煙に生活習慣病の糖尿病が加わると、糖化による老化が加わりま。喫煙+糖尿病だとさらに歯周病が進んで歯ぁ失う本数が明らかにようけなりま。





煙草吸う方は歯ぁ失う覚悟が必要でんな。どないしても禁煙できない方は歯科での定期的な歯石の除去おすすめしま。
posted by 歯周病 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

歯周病の予防法

皆はんはわがの口の中で、歯周病が進行しやすい場所ご存知だっか? 歯周病はただ漫然と歯磨きしてもなかいなか予防でかしまへん。歯周病になりやすそうなわがだけの「ウィークポイント」探して、そこ重点的に予防していく方が効率的だす。


わがだけのウィークポイント探せ!

わがのウィークポイントは、より念入りに!
以下のような状態は、歯周病が進行しやすいウィークポイントと考えられま。

・歯と歯の間
歯と歯の間は、歯並びが綺麗やろうが歯周病になりやすい要注意ポイントだす。

・歯並びの最後方
奥歯の最後方は、親知らずがったらトラブルの原因になるさかい、意識して磨くようにしまひょ。

・歯並びが凸凹した部分
歯並びが乱れとる部分の歯と歯の間は、虫歯だけでなく歯周病に対してのリスクが高くなりま。

・歯ぁ物が挟まりやすい部分
歯と歯の隙間が「緩い」状態だと、食べ物なんぞが歯ぁ挟まりやすくなりま。物が挟まった状態は歯周病が急速に進行するため、毎日必ず取り除きまひょ。

・以前腫れたことがある場所
歯周病は腫れ繰りかやすことが多いため、いっぺん腫れてしばらくしてから治った経験がある場所は、要注意ポイントだす。

実際に歯周病は、歯と歯の間から起こるのんがようけ見はりま。前歯ぁ歯の厚さが薄いさかい表と裏っかあから歯ブラシ当てったら、歯の間の汚れも取れやすいだすが、奥歯ぁ歯の厚さが厚く表や裏どんがらけでは毛先が届きにくいのも一つの原因だ思いま。

30代過ぎて、歯茎が少し下がってきたようでったら、歯間ブラシ使用して歯と歯の間に汚れ溜めないようにしまひょ。また極端に歯の間が狭いような場所は、デンタルフロスなんぞ使用ほしたらきれくなりま。


オススメは定期健診!

レントゲンで見ると歯周病の進行がわかりやすい
歯周病予防でいっちゃん効果的やのは病院なんぞでの定期健診だす。次のようなこた歯周病予防に役立ちま。

・咬み合わせ調整
咬み合わせ不良は、わがでは気ぃつきにくく、発見が遅れがちだす。咬み合わせ不良は、自然に歯ぁへつれたり、移動したりとごく僅かいな変化が蓄積して起こりま。歯ぁ負担が加わると、歯周病の進行加速的に悪化さす原因となりま。

・歯石取り
歯周病はでけるだけ早い段階で歯石取る方が、治療時の痛みや出血ぃ少いで済みま。歯石取りすぎても歯ぁへつれるような心配は必要おまへん。

・レントゲンチェック
歯周病かどないかの最終判断は、レントゲン見て、歯の周囲の骨が溶けてんようになっとるかがおっきな判断材料になりま。レントゲンは、歯周病の発見や進行把握するのんに役立ちま。

・歯磨きチェック
わがでは毎日きちんと磨いとるつもりでも、磨き残しとなっとる場所が意外と見つかるもねん。早めに気づくこた歯周病の予防につながりま。

定期健診は歯周病予防するための切り札と言っても過言とちがわしまへん。病院上手に利用しもって、わがの歯ぁわがで守るようにしまひょ。
posted by 歯周病 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

上手な歯医者さんのかかり方

歯科治療についてよう聞く話。

治療期間が長いからイヤ
通院回数が多いからイヤ
ゼニがかかるからイヤ
痛いからイヤ
音が怖いからイヤ

でも、よ〜く考えてみて? これって歯医者はんが悪いんかやえな?


わがでわがに痛みやゼニさしとりまへんか?

風邪ひいたら毎回必ず病院に行く……ちゅう人はどのくらええるだっしゃろか? 恐らくお家で安静にして、よう眠り、しっかり栄養摂って……病院に行かやんと風邪が治ることもありまっせね?

でも、むし歯ぁかかってまうと自然に治るこたおまへん。歯の組織が蝕まれとりますさかい、蝕まれた部分取り除いて綺麗なもんに詰め替えやな、お口からんようにならしまへんし、穴があいた部分が自然に塞がるちゅうこたおまへん。


みなはんは体の痛みに関しては敏感に反応して、具合が悪けったら病院に行って診てもらうことが多いだっせね?せやけど、「歯医者はんは痛いから行かいない」ちゅう理由でギリギリまで辛抱し「もう辛抱できない!」ちゅう状況になってから駆け込むことも多いはず。お口の中の痛みは痛いと感じたらすでに手遅れなねんよー。こうなってから治療に行くと治療の痛みが増し治療が終わるまで長い時間と治療費がかかるねん。


歯周病もおんなし。歯周病は歯の周囲の組織が歯周病菌の出す毒素によって破つぶされていく病気だす。歯周病の初期症状だある歯肉からの出血。歯ぐきから血ぃ出ても「別に痛くはないし他の症状はんかいら…」と放ってちょうてまう人がほとんど。ほんでから放ってちょうた結果、歯ぁ揺れて噛めんようになったり、膿が出てきたりしてやっと重い腰上げ、歯医者はんに来る人が多い。でもここまで来てもたら、治療には痛みが伴い、治療期間も長くなり、ゼニもたくはんかかるねん。


むし歯も歯周病も放っといたらちょうただけ悪化していきま。ほんでから悪化したらするほど、治療期間は長くなり、通院回数はようけなり、治療中の痛みも酷くなり、治療費だって高くなるちゅうことがおわかりいただけましたか?わがでわがに痛みや経費さしてしまっとりまへんか?



歯医者はんんかいかり時

では、いつどないなタイミングで歯科受診したらええのだっしゃろか?
ちょうでも「なんか調子悪いな?」とか「水がしみるな?」なんぞ感じたときに行ってみるのんがGOOD。むし歯も歯周病も初期のうちは自覚症状があんましないさかい、「ちょうでも変」思ったら受診してみるのんがオススメ。


また、自覚症状があんましない病気やからこそ、定期的に専門家にチェックしてもらうのんがええだっしゃろう。チェックだけでのうて、予防のための処置も一緒にしてもらうねん。予防のための処置で痛み伴うもんはおまへん。特に歯のクリーニング(PMTCとええまんねん)は、気持ちようって眠ってまう人もいるくらい。数ヶ月に1回程度(人によってむし歯や歯周病のリスクはちゃうさかい通院頻度は異なります)、定期的に通う必要はおまっけど、1週間おきになんべんもなんべんも通う……ちゅうこたおまへん。当然、費用もかかりまっけど、むし歯や歯周病になったらとどのつまり治療費がかかるねんさかい、おんなしゼニさしるなら、病気ぃならないためにゼニさした方がええ思わしまへんか?

歯医者はんんかいかり方少し変えるだけで、「痛くて」「時間がかかって」「ゼニがかかる」場所から「気持ちようて」「年に数回通うだけで」「お口の健康守れる」場所に大変身してまうねん!!
posted by 歯周病 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

花粉症になると歯周病のリスクが増大!?

今年は早い時期からスギ花粉が舞っとるようで、花粉症で悩まされとる人も多いのちやいますだっしゃろか? なんでも今年のスギ花粉飛散量は去年の2〜3倍だそうやす。

花粉症と一言でいっても、症状は人それぞれ微妙に異なりま。くしゃみや鼻水、鼻づまりなんぞのアレルギー性鼻炎、目んかいゆみ、涙なんぞのアレルギー性結膜炎といった症状は有名だすが、皮膚んかいゆみ(花粉皮膚炎)、喘息(花粉喘息)、頭痛、ぴーぴーなんぞの症状が出る方もいるそうやす。ほんでから、実はお口の中にも症状が出ることがあるのご存知だっしゃろか?

お口の病気の中でも代表的な歯周病とも関係があまんねん! 花粉症と歯周病に関係があるなんか知っていました?


花粉症と歯周病の関係

花粉症の主症状に、鼻水、鼻づまりがおま。これがお口の一番の敵だんねん!

鼻がつまると鼻呼吸がむずくなり、口で呼吸することがようけなりま。ほしたらお口の中の水分が蒸発しやすくなり、口が乾燥してきま。また、花粉症のアレルギー症状和らげるお薬の副作用には、分泌される唾液の量少んようにしてまうもん(口渇作用)がようけあるため、やっぱお口は乾燥しま。

お口が乾燥しとると、口腔内細菌が繁殖しやすい湿度になりま。ほしたらお口の中で何が起こるんかい? 歯の周りにプラーク(歯垢)が付きやすくなるねん。まいどとおんなしような歯磨きせやけどとらへんと、磨き残しがようけなってまい、その磨き残しがやがて歯石になりま。そうほしたらどないなるか……?

歯石やプラークによって歯肉が炎症起こし、歯周病になってまうねん!


歯周病と全身疾患
今や歯周病は、放っとくと命も脅かす恐ろしい病気ぃ発展する可能性もあることがわかっとりま。「お口の乾燥くらいべっちょない」思わんといてもらえま。長い時間お口の中が乾燥するこって、口内環境は確実に悪くなっていくねんから。
posted by 歯周病 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

歯周病の簡単チェックとその予防法をご紹介します。

わたいって歯周病、べっちょない?


あんさんのお口は歯周病になっておらへん?べっちょない??
わがのお口の中はべっちょないか、心配な方は必見!次にあげるチェックリスト使って、わがでも分かる歯周病の簡単チェックしてみまひょ。

□歯みがきほしたらきに歯茎から出血する
□歯のすき間に物がよう詰まる
□一年以上歯医者に行っておらへん
□朝起きると口の中がんだらんだらしとる
□詰め物が取れたのそのまんまにしとる
□妊娠、出産の経験者だある
□タバコ吸っとる
□デンタルフロス使っておらへん
□歯茎が下がってきた、または赤い
□鼻がつまっとる
□口臭が気ぃなる

いずれかに当てはまった人はいはいっぺん歯科受診してみまひょ。歯周病のサインかもしれません。


急からしい女性のための歯周病ケア紹介

では、どないにしたら歯周病ケアがでけるのだっしゃろか。まずは、日時分から口の中清潔に保ち、むし歯や歯肉の気ぃなることがあったら、治療すませとくことが大事だす。定期的な歯科検診行うことや、かかりつけの歯科医院でブラッシングの指導受けたり、歯の歯石除去したりすることも大切なポイント。

また、歯みがきほしたらきには、必ず鏡見もって「みがき方」意識ほしたらきれくみしなま。歯ブラシもわがにあった歯ブラシ選択し、刺激の少ないもんがお勧め。あもろん、最新の技術が搭載されとる音波振動歯ブラシなんぞも効果的だす。(詳しくは、『電動歯ブラシで、女磨きもワンランクUP』参照)

まずは、かかりつけの歯医者はん受診し、わがにあった方法見つけてみまひょ。また、今、使っとる歯ブラシはきれいだっしゃろか?歯ブラシには微生物や細菌が何千と溜まっとりま。ブラシは使った後に洗って乾かし、清潔にしときまひょ。また、目ぇ見えないレベルで歯ブラシの先っちょは磨耗しま。そのことからも、一ヶ月に1回は歯ブラシ新しく交換することもお勧めだす。ぜひ、お試しもらわれしまへんやろか
posted by 歯周病 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

女性周期を意識して、歯周病ケアを!

女性の皆さんに質問だす。まいどはそれほどでもないのんに、ある時期に突然、お口の匂いが気ぃなるこたおまへんか?女性でったら月に1回は訪れる生理周期。それとお口の匂いとに、関連性があるってご存知でしてんか?そのこと知っとる方は、まだまくらかだ少ないはず…。そこで今回は女性周期がお口に与える影響と上手なケア方法お伝えしま。


女性の方が歯周病になりやすいって、ホント?


女性はお口の臭いが強い時期、歯周病にも注意して
一般的に女性は唾液が少ない人が多いと言われとりま。唾液が少やな、口の中が酸性に傾きやすく、口の中の環境が悪化しやすくなりま。

また女性は、初潮迎える思春期、妊娠、出産、ほんでから閉経の前後に起きるとされる更年期に、女性特有のホルモン変化によって、歯の健康害しやすいとも言われとりま。

歯周病は、男性より女性の方がかかりやすいと言われとりま。その理由は、歯周病の原因菌の中に、女性ホルモン特に好んで、繁殖する種類があるどんがらんねん。女性ホルモンは、歯茎と歯の間から少しずつ染み出しとりま。なかでも、月経の前が一番ホルモンの変動受けやすいさかい、歯肉がむずむずしたり、腫れたり、まいどとおんなし歯みがきしとるのんに、歯茎から出血ぃしたり、口内炎がでけたり、こういった経験のある方も多いのちやいますだっしゃろか。これは女性ホルモンの増加に伴って、毛細血管が影響受け、炎症反応が過度になるどんがらんねん。適切な処置怠ったら、歯肉炎から歯周病へと進行する場合も少なくおまへん。


口臭は、臭いが強くなりやすい時期がある

生理前にわがの口臭まいどより強く感じたり、また、気ぃなったりする方が多いのも、女性ホルモンの影響どんがらす。生理前は女性ホルモンのバランスが変化しますさかい、歯肉炎起こしやすくなりま。歯肉が腫れると、まいど以上に歯と歯茎に汚れが溜まりやすくなりま。歯茎が炎症しとるさかい歯ブラシが当てにくく、みがき残し作りやすくするため、口臭の原因になってまうねん。また、唾液の分泌も少んようになり、口がかあき、細菌が活発になることさかい、まいどより強い臭い感じてまうねん。

また、腫れた歯茎は細菌が繁殖しやすくなり、歯茎が炎症起こし、歯周病菌に感染しやすい状態になりま。気づかいないうちに、歯肉炎が歯周炎へと進行しとる場合もようけおま。歯肉が腫れたり出血したりしやすいちゅうこた、歯周病菌が活性化しうるちゅう重要なサインやさかい、注意が必要だす。
posted by 歯周病 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。